アドウェアとは

インターネットを閲覧していると、勝手に広告ページが開いたり、しつこくメッセージが表示されたり。
ページを移動したり、余白をクリックしただけでも、広告やメッセージに邪魔される。
・・・そんな状態になった場合は、アドウェアを疑って見るべきでしょう。

中には、ウィルスに感染している由を告げた上で、駆除プログラムのダウンロードや、サポートサービスへの電話を促そうとするメッセージを表示するものもあります。
迂闊にダウンロードすると、それそのものがウィルスやスパイウェアだったりしますし、サポートサービスへ電話をすると、高額な料金を請求される場合もあります。
タチの悪いことに、マイクロソフト社など、信頼のある企業の名を語ってくる場合もあるので、それに惑わされないようにしなければなりません。
ちなみに、アドウェアはウィルスとしての性質を持っていないため、ウィルス対策ソフトを頼ることはできません。

純然たるアドウェアの目的は広告ですので、ブラウザーが使いにくくなるだけですが、プログラムがスパイウェアとしての機能を持っていたり、アドウェアが元でインストールされた不正なプログラムがインストールされることなどによって、PC内の情報を外部へ送り続けている可能性もあります。
「おかしいな」と感じることがあれば、そのPCではネットバンキングなどは使用せず、早急に他のPCからパスワードを変更するなどの措置を講じるべきでしょう。

 

見分け方

広告ページを買ってに表示するものは、通常、広告だけが目的でユーザーに害の無い場合が多いのですが、度々表示されると、いちいちそのページを終了させるのが大変です。
メッセージが表示される場合は、その内容が不完全な日本語であることが多いようです。
ですので、日本語の使い方がおかしいと感じるメッセージは、基本的に「はい」などのボタンを押さないことです。メッセージボックスのボタンは、プログラムなどを実行するイベント(引き金)となっているので、怪しいメッセージが表示された場合は、「いいえ」のボタンも押さず、右上の終了(×)ボタンで閉じるようにした方が無難でしょう。

 

注意点

表示されたメッセージの内容をインターネットで検索すると、対策ソフトの情報が複数出てきます。
しかし、この対策ソフト自体が、悪意あるプログラムだったり、悪意は無いものの、知らずに使用すると別の問題を引き起こすものであったりすることが少なくありません。
インターネットで紹介している人達には悪意が無い場合が多いのですが、悪質なものであると知らずに紹介しているケースもありますので、それを鵜呑みにせず、紹介されたプログラム名で再度検索して、情報を集めるくらいの慎重さが必要です。
でないと、この種のプログラムは、簡単には削除できないものも多く、自分では対処できなくなってしまいます。

 

対応方法

PC内にアドウェアが存在した場合、1つだけではなく、複数のプログラムが混入している可能性が高く、殆どの場合、特定のプログラムを消去するだけでは対応できません。
また、アンインストールできるものとできないものがあり、アンインストールはできても完全消去ではなく、一部のファイルやレジストリ情報が残って、問題の解決に繋がらないものもあります。
この他、ブラウザーに仕込まれたものもありますので、アドウェアの消去は非常に困難なものになりますので、リカバリーで対応するしか無い場合もあります。
しかし、環境を再構築する手間を考えると、できるだけリカバリは避けたいものです。

ここでは、私が行っている対応方法をご紹介します。
ただ、以下の方法を実施する上での注意点として、ご紹介するプログラムは、必ず正式なダウンロード先から入手するようご注意下さい。(責任の関係上、ここでは入手先のご案内は差し控えます。)
また、各プログラムの使い方は簡単ですが、この記事の目的は対処方法のご紹介ですので、操作方法については、それぞれの使い方を紹介している他のサイトをご参照下さい。

1.adwcleaner

PC内の不要プログラムの検出と削除を一括で行ってくれる、アドウェア駆除専用ソフトです。
インストールは必要無く、ダウンロードしたファイルを直接実行できます。
レジストリやブラウザーもチェックしてくれますので、まずはこれを実行することで、改善が期待できますが
、削除が困難なものもありますので完全とは言えません。
結果はレポートとして表示されますので、個別に確認することができます。

2.geek

adwcleaner で削除しきれなかったものを、手動で削除するのに使います。
Windows のコントロールパネルにある、「プログラムのアンインストール」と似たような画面で、機能もそれに似ていますが、コントロールパネルからの操作よりも、完全な削除を行ってくれます。
ファイルもレジストリも、完全に削除してくれます。

但し、アドウェアを自動検出する訳ではありませんので、削除対象ファイルを個々に指定しなければならず、必要なプログラムと怪しいプログラムを見分けることができなければなりません。
また、常駐しているプログラムなどは、先に停止しておく必要もあります。

怪しいプログラムを見分けるヒントを示します。
まず、コントロールパネルの「プログラムのアンインストール」画面で、「発行元」を確認してみて下さい。
発行元が空欄のもので且つ「名前」(プログラム名)に覚えの無いものがあれば、インターネットで検索してみて下さい。不正プログラムの場合、大抵はインターネットの情報で判断できます。
それを繰り返しているうちに、ある程度、不正プログラムの名前にパターンがあることに気付きます。
次に、発行元に覚えが無く、名前にも覚えがないものを、ネットで検索して見て下さい。

以上で検出したアドウェアを、geek で削除して下さい。
この時、必要なプログラムを削除してしまわないよう、十分ご注意下さい。

 

防止策

アドウェアは、他のプログラムと一緒にインスt-ルされるケースが殆どです。
フリーウェアなどの場合は、必ずネットで検索して問題を引き起こしているようなことがないかを確認の上、信頼できるサイトからダウンロードするようにして下さい。
(同じソフトでも複数のダウンロード先がある場合が多く、中には怪しいものもあります。)
また、インターネットの閲覧中に怪しいメッセージが表示された時など、安易にボタンを押してしまわないよう、メッセージをよく確認の上、まず疑ってかかることが賢明です。

 

最後に

インターネットはとても便利なもので、今や仕事にも生活にも無くてはならない存在となっています。
同時に、悪意のあるプログラムは、1分間に幾つものものが新たに作り出されており、セキュリティソフトの定義ファイル更新も、間に合わなくなっているのが実情です。
インターネットに関する脅威は以前からあったものですが、近年は特に不正プログラムが当たり前のように横行しており、余程注意を払っていない限り、誰でもがその被害に遭うような時代になってしまいました。

私は仕事柄、様々なソフトウェアを試したり、時には意図的に怪しいプログラムをインストールしてみるようなこともありますが、アドウェアは本当に不快なものですし、わかっていても不安を煽られます。
それがわかりますので、アドウェアでお困りの方にとって、少しでもこの記事がお役に立てばと思います。

ここに記載した対処方法を行うのに不安がある方や、やってみても解決しないといいう方がおられましたら、有償にはなりますが、訪問対応や、こちらにPCをお送り頂いての対応も可能ですので、一度、このサイトのお問い合わせからご相談下さい。